妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に落ち着いてからレーシックの手術を受けるようにしましょう。

 

レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
なのでどんなにレーシックが可能と言いましても、妊娠中には避けるべきだと言えます。
レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし、基本的にどのクリニックに行ったとしても、妊娠中や出産直後の方のレーシック手術は断られてしまうことがあります。 最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。





フコイダンのコツ
URL:http://lmf-assoc.jp/
フコイダンの最新情報


妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:2017-7-16

シェイプアップをして、
体重を落とすことはできても、
大腿部の脂肪はしぶとく、
細くするのは難しいと言われています。

それは、体重や体脂肪を落とすシェイプアップと
根本的に痩せる方法が違うからなのです。

大腿部は、
体の中でも太く大きい筋肉を持っているため、
その筋肉を鍛えることで、
それだけ脂肪を燃焼させることができます。

また、
筋肉をつけることで基礎代謝もアップしますので、
脂肪がつきにくく、あしを細くすることができます。

下半身にむくみがあると
いくらにシェイプアップ励んでも
下半身や大腿部は細くなりません。

むくみがあると
あしの付け根にあるリンパ節に老廃物が溜まり、
リンパの流れが滞るので、老廃物等が蓄積します。

それが続くと
あしの付け根にセルライトができて、
下半身が太くなってしまう原因に…

むくみ解消には
お風呂でのマッサージや
あしを少し高くして寝るのが効果的です。

過度な筋肉はかえって太く見えてしまいますが、
脂肪を燃焼するためには、筋肉の働きも欠かせません。

普段なかなか、使わない大腿部の内側の筋肉。
この部位を鍛えてあげることがポイントです。
大腿部の内側にある内転筋を鍛えるには
「あしを閉じる力」を強化しましょう!

筋肉のつき方として、大腿部の前面についてしまうと、
横に広がって太く見えてしまいますが、
大腿部の裏側に筋肉をつけていると横に広がらず、
筋肉をつけていても大腿部は太く見えません。

歩くときに意識を集中して、
ふくらはぎやお尻の筋肉を使って
地面を蹴るように歩くといいですよ。
15分〜20分以上のウォーキングは
有酸素体操にもなり効果的です。

筋肉を付けることで、リンパ腺の流れをよくし、
セルライトも減らすことができますよ。